中古車ディラーの違いを学び自分に適した買取先を選びましょう

サイトマップ

トップバナー

ディーラーと業者の違い

どこに売却するかは、とても重要

現在利用している車を、ディーラーに売る場合と、中古車買い取り業者に売る場合では、どういった違いがあるのでしょうか。どこに売却するかは、とても重要とされるのです。もっとも、こういった事を知らない人にとっては、とても迷う事だと思います。ディーラーに販売した際と、中古車買い取り業者に販売した場合を比較しましょう。

下取りの価格と同様

ディーラー買い取りでは、下取りの価格と同様です。つまり、新車購入を考えている状態で、中古の車と引き換えになるのです。中古車を売って手にできる現金はありません。新車の価格より下取りした価格を差し引いた額を支払う形となっています。この方法であれば、購入と売却を同時に行う事が出来るのですが、残念ながら同様のメーカーに買い替えなければなりません。

また、弱点としては、下取りする車の手続き代行費、査定料金が加算される事もあるので注意が必要です。 なので、1万円程度は損になります。また、年式が古かったり、修復歴があるような車は、 買い取りの対象にはなりません。最悪、値段がつかない事もあるので、注意しましょう。 乗換えは期待を膨らませる人が多いですが、現実はうまくいかないのが実情なのです。

メリット

ポイント

中古車買い取り業者も、車を売る際には、メリットとして現金を手にする事が可能となっています。それは、乗り換えをする際でも、新しい車の購入と売却を別々にする必要があります。年式が古い車屋、事故者、不動車であっても買い取り価値がつく事もあります。多くの業者があるので、一括査定をして、自分の車の買い取り価格を知る事も可能です。

自分が思ってもいない高額査定になる事も
ミニカーを持つ男性

人気の車種は、自分が思ってもいない高額査定になる事もあります。例えば、ディーラ ーで下取りをした際には、100万円前後であった際に、新車購入で100万円引きで購入する事も可能なのです。 ですが、中古車買い取り業者へ売ると、170万円になるので、現金を手にする事が出来ます。この違いは、 大きいと思います。同じ車ですが、どのように売るかでこのように大きな差になってしまうのです。 うまくいけば何十万と得することになるので、時間がかかってもじっくり探しましょう。

中古車の査定ポイントの基礎的知識